2018/6/18 LROニュース(3)

NEWS


※LROニュースの内容については、有料メールニュースなど営利目的での転載はご遠慮頂くとともに、2次使用の際はLROニュースからの転載である旨を明示していただきますよう、お願いいたします。

トップページ > LROニュース > 2018/6/18 LROニュース(3)
  • 2018.06.19 UP
    2018/6/18 LROニュース(3)
    • 【1】 ギニア湾海賊:オランダ貨物船が海賊に襲撃され乗員が人質になる
      • 4月21日、オランダの船社が所有する貨物船FWN RapideがナイジェリアのHarcourt港に向けて航行中に海賊に襲撃され、複数の乗員が人質となった。難を逃れた残りの乗員と船社は連絡を取っており、安全な場所への回航を試みている。船社は関係機関と緊密に連絡を取るとともに、人質となった乗員の早期解放に向けて専門家のアドバイスを受けている。
      • 原文 Apr. 23, 2018, SPLASH 247(武智敬司)
    • 【2】 7月のPPR中間会合で硫黄分規制適合油の検査方法等について議論
      • 燃料油中の硫黄分濃度規制強化にあたっては、統一的な規制の適用の観点から、本年2月の第5回汚染防止・対応小委員会(PPR5)において、ガイドラインを作成することが合意されたところであり、PPR5に国際バンカー産業協会(IBIA)は燃料油に含まれる硫黄分の検査方法としてISO8754の基準を適用すべしという提案を提出していた。さらに、MEPC72においては、中国からISO8754に加えて、さらに低い硫黄分まで計測できるISO14596も検査基準に加えるべきという提案がされているが、IBIAはISO8754でも低い硫黄分の燃料油の検査に対応できるという反論をしている。MEPC72では、7月に開催される予定のPPR中間会合において、IBIAと中国の提案を併せて検討されることが合意された。また、7月の中間会合では、PPR5で検討されたガイドラインに盛り込むべき主要事項についてもさらに議論が行われる予定。
      • 原文 Apr. 20, 2018, IBIA(野口美由紀)
    • 【3】 COSCOによるロングビーチ港コンテナターミナルの取得に国防上の懸念
      • COSCOはOrient Overseas International (OOI)の買収計画を2017年7月に発表したが、OOIがロングビーチ港の大規模コンテナターミナルの長期使用権を持っているため、買収の結果、同ターミナルがCOSCOの支配下に入ることにつき、米国の安全保障の観点から、財務省が主催する外国投資委員会(Committee of Foreign Investment: CFI)において審査が継続中である。COSCOは同ターミナルの使用権の問題がボトルネックとなって、OOI買収そのものの承認がこれ以上遅延するのを避けるため、CFIに対して、COSCOによる同ターミナルの支配が問題なら、同ターミナルの使用権は同社にとって非常に魅力的な資産ではあるが、これを本体の買収と切り離す用意があると申し入れている。
      • 原文 Apr. 20, 2018, WSJ(長谷部正道)
  • 資料閲覧 その他