2018/6/15 LROニュース(3)

NEWS


※LROニュースの内容については、有料メールニュースなど営利目的での転載はご遠慮頂くとともに、2次使用の際はLROニュースからの転載である旨を明示していただきますよう、お願いいたします。

トップページ > LROニュース > 2018/6/15 LROニュース(3)
  • 2018.06.18 UP
    2018/6/15 LROニュース(3)
    • 【1】 韓国輸出入銀行が海運業界に対して今年中に総額8000億ウォンを支援
      • 韓国政府は4月5日、韓国海運・造船業界再建にために向こう3年間で新たに200隻の船舶を建造すると発表したが、これを受けて、4月20日、国営韓国輸出入銀行の総裁は、海運会社のトップや船主を集めて、同行が今年中に海運業界向けに船舶の購入・運航、債務借り換えのための資金として8000億ウォンの融資と債務保証を行うと発表した。海運業界首脳は最近の会合で、世界の海運市況の回復が遅れている状況を踏まえて、政府と政府系政策金融機関がより積極的に海運業界の支援を行うように要請している。
      • 原文 Apr. 20, 2018, 聯合(長谷部正道)
    • 【2】 中国企業がアブダビのFTZに10億ドルの投資をすることで合意
      • アブダビ港湾庁と江蘇省海外投資公司(JOCIC)は中国の15の企業が中東で最大の自由貿易地域であるUAEのKhalifa港のKPFTZに、総計10億米ドルの投資を行うことで合意したと4月20日発表した。昨年締結された投資協力協定によれば、JOCICによってUAEの企業として設立された中国・UAE産業能力協力建設管理会社が、江蘇省からの企業投資の受け入れのためにKPFTZ内の約2.2㎢の地域を中国・UAE産業能力協力工業パークとして占有・開発することになっている。この工業パークはさらに12,2㎢まで拡張可能な余裕を持っている。
      • 原文 Apr. 20, 2018, IPS(長谷部正道)
    • 【3】 英国が英連邦の小島嶼開発途上国の海洋環境保護に900万ポンドを支援
      • 4月19日、英国外相は英連邦の小島嶼開発途上国(SIDS)の海洋環境を保護し持続可能な海洋経済の発展を支援するために、英連邦海事経済計画(Commonwealth Marine Economics Program: CMEP)を通じて、今後2年間で900万ポンドの支援を行うと発表した。英外務省は英国海外領ブルーベルト計画(Overseas Territories Blue Belt Program: OTBBP)の下に、2020年までに400万㎢以上の海洋保護区を設定する作業を進めており、OTBBPの下でセントヘレナ島周辺で行われた科学調査では、タコの新種の発見に成功している。この計画の下の他の具体的な事業として、海底地形図の作成、持続可能な海洋観光の振興、特に海洋環境汚染のひどい海域の特定などを行っている。
      • 原文 Apr. 19, 2018, 英外務省(長谷部正道)
  • 資料閲覧 その他