2017/9/29 LROニュース(5)

NEWS


※LROニュースの内容については、有料メールニュースなど営利目的での転載はご遠慮頂くとともに、2次使用の際はLROニュースからの転載である旨を明示していただきますよう、お願いいたします。

トップページ > LROニュース > 2017/9/29 LROニュース(5)
  • 2017.09.29 UP
    2017/9/29 LROニュース(5)
    • 1】デンマークの海事産業の生産性・雇用に関する報告書
      • 1】9月14日、デンマーク海事庁(DMA)は、労働移動に関する経済評議会がDMAのために作成した「デンマークの海事産業の雇用と生産性」と題する報告書を発表した。報告書によれば、2015年に海事産業の輸出は合計約2500億DDK(4兆4630億円)であり、デンマークの輸出総額の 22.4% を占めた。生産性については、海運及び舶用工業は、2009年の金融危機により打撃を受けたが、海運が2.5%、船用工業が7.8%、それぞれ生産性の向上を達成している。これに対し、デンマーク全産業の平均生産性向上率は1.4%である。雇用については、デンマークで海事産業により直接的に雇用されている労働者数は若干減少して約6万人だが、間接的な雇用数も含めると近年増加しており、合計で9万4千人を超えている。
      • 原文 Sept. 29, 2017, Danish Maritime Authority (Dafnis)
    • 2】米連邦海事委員会がThe Allianceによる「緊急基金」の設立を承認
      • 2】9月14日、米連邦海事委員会(FMC)は、邦船3社・Hapag-Lloyd・陽明海運の5社で構成されるThe Allianceから8月14日に申請されていた「緊急基金」設立のためのThe Alliance協定の改正を承認した。緊急基金はThe Allianceに加盟する船社が経営破綻した際に、他の構成海運会社が、経営破綻した海運会社が引き受けていた貨物の輸送を肩代わりして輸送する場合等の資金として利用される。各船社は直ちに緊急基金に100万米ドルをそれぞれ拠出するほか、さらに追加的に900万米ドルの資金が拠出される予定。当基金の設立は。韓進海運破綻時の混乱を再度引き起こさないために、FMC側の強い要請に基づき実施された。
      • 原文 Sept. 14, 2017, FMC (長谷部)
    • 3】フィジーのThomson氏が国連の海洋担当特使に任命
      • 3】国連海洋会議で合意された海洋と海洋資源の保全と持続可能な利用に関する合意を強化・フォローアップするために、国連事務総長は海洋担当特使にフィジー出身のPeter Thomson氏を任命した。同氏は国連海洋会議において参加者から提出された1400近くの自主的な約束を分析しその実行を担保するなど、官民学の関係者と連携して、海洋に関する持続可能な開発目標14の実現を図っていく。同氏は、第71回国連総会において、フィジー政府の国連常任代表として、国連海洋会議の準備に尽力したほか、国際海底機構総会の議長等を歴任している。
      • 原文 Sept. 12, 2017, 国連(長谷部)
    • 4】米財務省次官補が下院外交委員会で北朝鮮の密輸等について証言
      • 4】9月12日、米下院外交委員会で、米財務省のテロリストの資金調達を担当する次官補が北朝鮮の脅威について証言したところ、海運活動に関する分野の概要以下のとおり。北朝鮮は収入を確保するため、海上ルートによる密輸出入を活用している。外国の港湾当局が北朝鮮関連の船舶であるかどうか判断を困難にするため、船舶の登録や関連文書の偽装を繰り返している。米財務省は北朝鮮が利用している偽装された海上輸送ネットワークや北朝鮮船舶に対する保険の提供・保守管理などのサービスを提供している中国などの会社の把握に努めている。また、北朝鮮は偽装工作にロシアの港湾を活用しており、例えば、中国からロシアに向かっている船舶のAISを航海の途中で切って、北朝鮮の港湾で石炭を積み込み、その後、ウラジオストク港に寄港したうえで、ロシア産の石炭と偽装したうえで、中国に輸出するなどの手口を使用している。
      • 原文 Sept. 12, 2017, 米財務省(長谷部)
    • 5】マースクがBoxTechコンテナデーターベースに参加
      • 5】BoxTechコンテナデーターベースは2016年7月に非営利ベースで設立されたデーターべースで業務のデジタル化を進める1000社を超える荷主・フォワーダー・コンテナターミナル会社が参加している。データーベースからは登録されたコンテナの重さと大きさの情報が得られ、今後はコンテナの位置情報も把握することができるようになる。この統合化・自動化されたデーターベースにより、物流チェーンの異なる当事者間で、コンテナの情報を共有し、コンテナ物流の効率化と人間による作業の縮減を可能としている。マースクの参加により、世界全体のコンテナの約30%にあたる750万個分のコンテナ情報をカバーするようになった。
      • 原文 Sept. 13, 2017, BoxTech (長谷部)
  • 資料閲覧 その他