2017/7/18 LROニュース(7)

NEWS


※LROニュースの内容については、有料メールニュースなど営利目的での転載はご遠慮頂くとともに、2次使用の際はLROニュースからの転載である旨を明示していただきますよう、お願いいたします。

トップページ > LROニュース > 2017/7/18 LROニュース(7)
  • 2017.07.18 UP
    2017/7/18 LROニュース(7)
    • 1】韓国政府がセブ国際コンテナ港の建設を支援
      • 1】韓国政府は韓国輸出入銀行(Kexim)を通じたODAとして、セブ国際コンテナ港の建設資金(総額92億ペソ)のうち、80億ペソのソフトローンを供与することを決定した。韓国政府は比国内の主要インフラ建設を進めるため、6年間にわたる総額10億米ドルの無利子貸し付けを比政府に対しオファーしている。比の国家経済発展庁(NEDA)は、2016年11月にセブ島のコンソラチオンに新たな国際コンテナ港湾を建設する計画を承認しており、比と韓国政府は8月中に資金貸与の枠組みを最終決定する予定。新港湾の建設により、現在セブ市にある既存のセブ国際港の混雑を減らし、船舶の待ち時間を減らすことを目的とする。
      • 原文 July 5, 2017, Seatrade Maritime News (長谷部)
    • 2】欧州海上保安庁が2016年年間活動統合報告書を発表
      • 2】欧州海上保安庁(EMSA)が2016年の年間活動統合報告書を発表したところ2016年における主要な成果は以下のとおり。①船級協会・PSC実施機関・海上交通センター等に対し、43回立ち入り検査を実施②欧州委員会の規制効率の見直し作業(REFIT)に従い、海上安全規制の見直しの要否を判断する材料を提供するために加盟国を訪問して旅客船の乗客登録制度を調査する等の調査活動の実施③技術的な専門家グループにより、船舶火災発生時の課題と解決策を検討し、欧州委の規則制定作業に貢献するなど舶用品や船舶の安全基準の策定に貢献④第三次海上安全パッケージや港湾受け入れ施設に関する命令を加盟国内で実施するために、加盟国の担当職員に対する訓練とベストプラクティスを伝授等。
      • 原文 July 3, 2017, EMSA (長谷部)
    • 3】英国船主協会が英国のEUからの強硬離脱の港湾物流への影響を懸念
      • 3】7月5日、英国船主協会は英国がEUから強硬離脱した場合に、国際物流面における国境管理が復活すると、現在英=EU間で国際フェリーを利用しているトラックの港湾における渋滞などが発生して、英国のみならずEUの経済活動にも大きな影響を与えると警告した。EUは年間2400億ポンドの商品を英国に輸出しているが、この輸出品の大半が港を経由しており、ドーバーなどの窓口港で大規模な混乱が生じることをEUは把握していないのではないかと指摘している。したがって、英国とEUの交渉者は、強硬離脱といった理念にかかわらず、現在の円滑な国際物流を維持し、国境管理の再導入が経済的に悪影響を及ぼすことに合意すべきであると主張している。
      • 原文 July 6, 2017, 英国船主協会(長谷部)
    • 4】EUの沿岸警備関連3機関の運営委員会が発足
      • 4】6月22日、EUの沿岸警備に関与する欧州国境沿岸警備庁(Frontex)、欧州漁業管理庁(EFCA)と欧州海上保安庁(EMSA)の長官がスペインのビーゴに集まり、第1回運営委員会を開催するとともに、運営委員会の下に①情報共有と海洋監視②人材育成とリスク分析③装備・人員の融通と法律問題の3分野について小委員会も併せて設置した。さらに運営委員会は、共通の2018年戦略的年次計画案を採択し、今後各機関の理事会に提出することとなった。3機関の間の協力は2016年9月に採択された「欧州国境管理沿岸警備パッケージ」の中で3機関の使命として位置づけられた。
      • 原文 July, 2017, EMSA (長谷部)
    • 5】USCGがBWMCに基づくBWM適合証書を認めないことを注意喚起
      • 5】米国沿岸警備隊(USCG)は、6月30日、海上安全情報通達(Marine Safety Information Bulletin: MSIB 007-17)を発表し、米国はバラスト水管理条約(BWMC)の加盟国ではなく、同条約のバラスト水管理適合証書(SCBWM)においては認められている「バラストタンクを一回空にしてからバラスト水を交換する方法(sequential exchange method)」は米国領海内では認められないことについて注意喚起した。米国内法(Title 33 Code of Federal Regulation Part 151 Subparts C&D)に基づき認められる米国領海内におけるバラスト水の処理方法は以下のとおり。①USCGが承認したBWMSの使用②米国内で供給される水(Public Water System: PWS)のみの使用③代替管理システム(AMS)の暫定(5年間)使用④米国内でバラスト水を排出しない⑤陸上処理施設または処理のための他の船舶への排出。
      • 原文 June 30, 2017, USCG (Hannah)
    • 6】中露が「氷のシルクロード」に向け協力で合意
      • 6】中国の習近平主席とロシアのメドベージェフ首相は、「氷のシルクロード」促進に向けた、北極海航路を中心とする海上交通路の開発について合意した。北極海航路の利用により、中国北部の港湾と西ヨーロッパ、北海、バルト海の距離は従来と比べ25%~55%短縮され、大連や天津のような中国北部の港湾の重要性が増すことが予想される。
      • 原文 July 10, 2017 SAFETY4SEA (武智)
    • 7】地中海中部の移民対策について欧州関係国が会合
      • 7】7月11日、欧州国境沿岸警備機関(Frontex)委員長はイタリアその他の加盟国と協議を行い、地中海中部における移民対策であるトリトン作戦の強化に向けた準備を確実にすることを各国に求めた。協議では、イタリアが尋常ならざる移民の圧力に直面しており、EU及びFrontexの追加的支援を必要としていることを各国が認識するとともに、イタリアは、極めて大量の移民が発生した場合には他の加盟国に上陸させることもあり得ることを示唆した。
      • 原文 July 11, 2017 Frontex (武智)
  • 資料閲覧 その他