2017/5/15LROニュース(8)

NEWS


※LROニュースの内容については、有料メールニュースなど営利目的での転載はご遠慮頂くとともに、2次使用の際はLROニュースからの転載である旨を明示していただきますよう、お願いいたします。

トップページ > LROニュース > 2017/5/15LROニュース(8)
  • 2017.05.15 UP
    2017/5/15LROニュース(8)
    • 1】大宇造船海洋が債務再編案について裁判所の承認を申請
      • 1】4月20日、大宇造船海洋(DSME)は、国営の韓国産業銀行(KDB)等から新たに2.9兆ウォンの新規融資を受けるために、債権者等が合意した債務再建案の承認を裁判所に申請した。裁判所は2週間以内に債務再建案を承認する見込み。
      • 原文 Apr. 20, 2017, 聯合(長谷部)
    • 2】欧州投資銀行が蘭の銀行と船舶の環境性能向上のための投資の促進に合意
      • 【2】4月21日、欧州投資銀行(EIB)は, ユンカー欧州委員会委員長の肝いりで創設された欧州投資計画の中核である「戦略的投資に対する欧州基金(EFSI)」を用いた「欧州接続機能」向上の一環として、船舶の環境性能を向上させるため投資を支援するために蘭のABN Amro銀行と枠組み合意した。具体的には外航船・内航船を対象として、既存の船舶に環境性能に優れた装置を設置し、または環境性能に優れた新船を建造するための投資に対して、EIBの優遇格付であるAAAを付与して、ABN Amroから優遇レートで融資を受けられるようにする。今回の合意は、総額7億5000万ユーロにのぼる「EFSI環境にやさしい海運確保計画」に基づく第2番目の合意であり、多くの蘭の船主がこの制度を利用することによって、EIBは蘭以外の国にも同制度の利用を広げていきたいと考えている。
      • 原文 Apr. 21, 2017, EIB (Hannah)
    • 3】米海軍はソマリアの海賊の増加に対して新たな対応は当面しないと表明
      • 3】4月23日、ジブチの米軍基地を訪れた中東・アフリカを歴訪中の米国防大臣は、最近のソマリア沖の海賊事件の増加に対して、米海軍は注意を継続して払うものの、主たる原因は飢饉や干ばつによるものであり、米海軍として新たな軍事行動は予定していないと表明した。国連世界食糧計画(WFP)によれば、ナイジェリア、ソマリア、南スーダン、イエメンで今後半年以内に2000万人の住民が餓死する恐れがあるとされている。米国防省の担当者は匿名ながら最近の海賊事件の増加は、海運会社の海賊対策に対する気の緩みも寄与しているとしている。
      • 原文 Apr. 23, 2017, Reuters (長谷部)
    • 4】トルコ政府が海洋環境汚染に対する罰金額を41%引き上げ
      • 4】2016年12月18日に、トルコ西部のイズミル県のFener島沖合で発生した座礁事故により、50トンのバンカーが流出し近隣の海岸線を汚染し、船主は500万リラの罰金を科せられたのを契機に、トルコ政府はこのほど海洋環境汚染に対する罰金額を41%引き上げるとともに、より厳しい規制を行うことになった。事故を起こしたパナマ籍船は水先人を乗船させていなかったが、港湾水先人の使用の義務付けの範囲を、規制強化に伴い、外国船舶だけでなく漁船についても拡大した。放置されまたは差し押さえられた船舶が生命・財産・環境に被害を与える恐れがある場合には、当局の監視下に置かれ、危険性が高いと評価された場合には、必要に応じて当該船舶を撤去させることも可能となった。
      • 原文 Apr. 21, 2017, Daily Sabah (長谷部)
    • 5】ノルウェー最高裁が船主責任制限と海難残骸物除去の基準について判示
      • 5】2007年1月に、荒天のためノルウェー西岸沖合でばら積み船が座礁し、船体が二つに分断し、大量のバンカーが流出する事故が発生した。船首側の船体は回収されたが、船尾側は沈没した。ノルウェー当局は沈没した船尾部の引き上げ除去を船主に対して命令したが、船主とその保険者は、船尾は完全に沈没したために他の船舶の航行の支障となっていないこと、全ての石油製品は船舶の残骸から回収されたため、残骸を放置しても海洋環境の脅威にはならないことなどを主張して、除去命令の取り消しを求めて行政訴訟を行った後に、訴訟を提起し最高裁まで争い、2017年1月に最高裁の判決が確定した。判決の内容については以下のリンクを参照。
      • 原文 Mar. 29, 2017, Gard(長谷部)
    • 6】EU環境大臣非公式会合が開催
      • 6】4月25日から26日にかけて、欧州理事会議長国のマルタで、EU環境大臣非公式会合が開催された。会合では、21世紀において欧州が直面する環境面での緊急課題である地球温暖化への対応策、気候と環境政策、海洋ゴミの問題等について議論が行われた。海洋ゴミについては、2017年後半に発表される予定の欧州委員会としての「プラスティック戦略」によっていかに海洋プラスティックゴミの削減の問題に対処すべきか、海洋プラスティックゴミの主たる発生源である陸上から排出されるプラスティックゴミの管理・処理の方法等について意見交換された。
      • 原文 Apr. 26, 2017, EU (長谷部)
    • 7】米から購入のフリゲート艦が台湾に到着
      • 7】5月13日、台湾が米から購入したペリー級誘導ミサイルフリゲート艦2隻が高雄港に到着した。このフリゲート艦は1980年代に就役したもので、高い機動力を有し、SQQ-89対潜水艦戦闘システムとSQR-19ソナーシステムを装備しており、台湾海軍の対潜水艦能力の向上が期待されている。台湾軍によれば、この2隻は2018年7月に就役式典が予定されている。
      • 原文 May 13, 2017 Focus Taiwan(武智)
    • 8】EU海軍、ジブチ海軍と合同訓練を実施
      • 8】EU海軍(EU Navfor)に参加しているイタリア海軍艦艇Esperoは、ジブチ入港に合わせジブチ海軍と不審船舶の臨検戦術に関する訓練を実施した。訓練はソマリアにおけるEU能力構築ミッション(EUCAP Somalia)のスタッフと協力して行われ、臨検活動における潜在的危険と安全の確保に対する理解の向上のための貴重な経験となった。ジブチをはじめとする地域各国との海上訓練を通じ、EU海軍はソマリア沖海賊対策に貢献する人々との相互理解と協力を強化していく。
      • 原文 May 15, 2017 EU Navfor(武智)
  • 資料閲覧 その他