2017/4/24LROニュース(6)

NEWS


※LROニュースの内容については、有料メールニュースなど営利目的での転載はご遠慮頂くとともに、2次使用の際はLROニュースからの転載である旨を明示していただきますよう、お願いいたします。

トップページ > LROニュース > 2017/4/24LROニュース(6)
  • 2017.04.24 UP
    2017/4/24LROニュース(6)
    • 1】韓国国民年金基金が政府によるDSMEの救済案に同意
      • 1】3月後半に、大宇造船海洋(DSME)の救済案が政府系でDSMEの最大の債権者である韓国産業銀行(KDB)と韓国輸出入銀行(KEXIM)から発表され、他の債権者が債権整理に協力し、DSMEが自主救済策を実行することを条件に新たに2.9兆ウォンの追加支援を行うことを発表したが、DSMEの発行済み社債の約1/3を保有し韓国最大の機関投資家である韓国国民年金基金(NPS)は債権整理に当初強く難色を示していたが、ついに政府の救済策に従うことを決定した。韓国金融委員会は最悪の場合、向こう2年間でDSMEは5.1兆ウォンの債務超過に陥るとしている。
      • 原文 Apr. 17, 2017, World Maritime News (長谷部)
    • 2】アラスカ・ノーススロープの石油ガスの噴出事故が収拾
      • 2】4月14日、アラスカのノーススロープにあるプルドー・ベイで発生したBPの石油ガス掘削施設からの、原油・天然ガスの噴出事故は、16日朝に原油の噴出が止まり、天然ガスの噴出も同日夜に止められた。連邦環境保護庁、アラスカ州環境保護部、ノーススロープ地方政府、BPからなる統合指令部によれば、重油の噴出量はそれほど多くなく、天然ガスの放出量は把握できない状況とのこと。周辺のツンドラなどへの環境被害は発生しなかった。プルドー・ベイ周辺のBPによる石油ガスの生産量はアラスカ全体の生産量の約55%に匹敵している。
      • 原文 Apr. 17, 2017, Bloomberg (Hannah)
    • 3】中国政府が3隻目の巡視船をパキスタン海事安全庁に供与
      • 3】4月11日、中国政府は、パキスタン海事安全庁に3隻目となる600トンの巡視船を(インドに対する)マレーシアの海洋権益を守るために、広東州広州市で引き渡した。既に引き渡されている2隻の巡視船はパキスタン国内で、共同演習や救難活動等に活用されている。これらの巡視船の供与は、中国=パキスタン経済回廊構想や一帯一路構想を実現するための海上輸送の安全を確保するための重要な手段となる。
      • 原文 Apr. 14, 2017, Ecns.cn (長谷部)
    • 4】ロシア沿海地方を経由した中国=日・韓間の新しい国際物流ルート
      • 4】国際物流回廊構想(沿海州2)は、中国北東部の物資をロシアの沿海州を経由して、日本や韓国に輸送する新たな物流ルートで、2030年までに2300万トンの穀物、1500万トンのコンテナ貨物を輸送する計画だが、4月14日からロシア極東開発省によって最初の試験運送が始まった。試験コンテナは4月10日に長春市を出発して、クラスキノで中露国境を越え、沿海州のザルビノ港から韓国に向けて船積みされた。試験では韓国に到達するまでに約1週間かかったが、ロシア政府は今後輸送時間を短縮するのに必要なインフラ整備等を行うため約1700億ルーブルを投資する予定。
      • 原文 Apr. 17, PortNews (長谷部)
    • 5】武装警備員と海賊の銃撃が動画サイトに投稿
      • 5】4月20日、商船に乗船する武装警備員が海賊を銃撃する模様が動画投稿サイトに投稿された。動画は2012年にインド洋で撮影されたものと思われ、投稿から数日で1100万回再生され注目されている。動画では、商船に接近する高速ボートに対して武装警備員が警告射撃を行うところから始まり、高速ボートが逃走するまで複数回の射撃が行われている。
      • 原文 Apr. 24, 2017 Safety4Sea (武智)
    • 6】USCG:舷側マークの誕生から50周年
      • 6】1956年頃には、USCG(米国沿岸警備隊)に救助された遭難者が「海軍ありがとう!」と述べるなど、USCGは一般に認知されていなかった。自身の大統領選挙キャンペーンを通じてイメージ作りの重要性を認識していたケネディ大統領は、1963年、大統領専用機のデザインを手掛けた仏出身の工業デザイナーRaymond Loewyと連邦政府機関のイメージ向上について検討、USCGを手始めに着手することとなった。Loewyらは遠くからでも認識可能で、他の政府/民間機関とも区別可能な商標マークのような識別模様を採用し、広くUSCGの船艇・航空機に標示することを提案した。USCGは特別委員会を設置してこのプロジェクトを推進し、1967年4月、「Racing Stripe」と呼ばれる、現在の舷側マークが採用された。
      • 原文 Apr. 13, 2017 USCG (武智)
  • 資料閲覧 その他