2017/2/6 LROニュース(5)

NEWS


※LROニュースの内容については、有料メールニュースなど営利目的での転載はご遠慮頂くとともに、2次使用の際はLROニュースからの転載である旨を明示していただきますよう、お願いいたします。

トップページ > LROニュース > 2017/2/6 LROニュース(5)
  • 2017.02.06 UP
    2017/2/6 LROニュース(5)
    • 1】 中国造船業界:2016年実績発表
      • 【1】 中国国営造船業協会(Cansi)は2016年の中国造船業界の実績を集計し発表した。新規受注は対前年比32.6%減少して2107万dwtに、竣工船腹量は15.6%減少して3532万dwtに、受注残高は19.5%減少して9961万dwtとなり、世界全体のシェアではそれぞれ、65.2%, 35.6%, 43.9%となった。国内の1459カ所の造船所の2016年1月から11月までの収入は、1015億米ドルと、対前年比1.6%の微減となり、同期の損益合計は147億元の黒字で対前年比1.9%の微減にとどまっている。
      • 原文 Jan 23, 2017,Seatrade Maritime News(長谷部)
    • 2】 IMO:燃料油に含まれる硫黄分のサンプル検査方法に関するガイドライン
      • 2】 昨年10月のIMO海上環境保護委員会(MEPC70)において「船上で使用される燃料油に含まれる硫黄分の検査のための船上サンプリング検査に関するガイドライン(MEPC 1/Circ864)」が採択されたが、1月20日にGard P&Iが同ガイドラインについて船主として留意すべき点を公表したところ概要以下のとおり。同ガイドラインは、拘束力はないが、船舶検査官が同検査を行うにあたっての場所やサンプルの取り扱い方法を定めている。旗国や船級協会が同検査を行う特定の場所を指定しない限り、船主側が簡単かつ安全にアクセスが可能等の一定の基準に合致する検査場所を指定することができる。また、サンプルの採取は燃料油循環システムが作動し、燃料油が循環し始めたのちに、サンプルを採取すべきとされていることにも注意を払う必要がある。
      • 原文 Jan 20, 2017Gard (長谷部)
    • 3】 欧州委員会が各加盟国の海洋監視計画とMSFDの整合性を評価
      • 【3】 1月16日、欧州委員会は2014年から2015年にかけて多くの加盟国から提出された海洋監視計画が2008年に作成された海洋戦略枠組み命令(MSED)とどの程度整合性が取れているかを評価した報告書を採択した。この報告書及び付随するStaff Working Document (SWD)には、欧州員会が各加盟国の海洋監視計画の中で,判定項目ごとに発見した問題点や必要な改善に関するガイダンスが記述されている。MSEDはEU海域において2020年までに、きれいで、健康的で、生産的な「良好な環境状況(GES)」を達成し、海洋経済社会活動が依拠する海洋資源の保護を目的としている。各加盟国は自国海域内において近接する加盟国と協力しながら、それぞれの海洋戦略を実施し、6年ごとに再評価を行わなくてはならない。
      • 原文 Jan 16, 2017,EC (Hannah)
    • 4】 多くの海運会社がスールー・セレベス海の運航を回避
      • 4】 ReCAAPによれば、昨年の3月以来、スールー海とセレベス海で16件の海賊事件が発生し、現在でも12人以上の人質がアブ・サヤフに拘束されている。攻撃対象が船足の遅いタグやバージから、最近では一般貨物船に移行してきたため、豪州から北アジアへの鉄鉱石の輸送を行う船社のうち数社は、昨年末から海賊のリスクを回避するために、比東方の太平洋を迂回航行している。豪から北アジアまでの所要航行日数は従来14日であり、迂回に伴って、所要日数が半日程度増えており、これに伴う追加燃油コストは1航海当たり300米ドルと大きくはないが、こうした状況が続けば累積コストとして、極めて低い収益にあえいでいる海運業界にとって新たな打撃となる。
      • 原文 Jan 20, 2017Reuters(武智)
    • 5】 米国海洋大気庁の衛星が2016年に307人の救助に貢献
      • 5】 衛星支援捜索救助システム(COSPAS-SARSAT)の一部を担う米国海洋大気庁(NOAA)が運用する衛星が、2016年に捜索救助に貢献した人数は307名となり、2007年の353名に次ぐ記録となった。NOAAの衛星は救助が必要な船舶・航空機等が発する遭難信号を受信し、遭難場所を特定し、NOAAの衛星運用センター内にある衛星支援捜索救助システム業務管理センターに自動通報する。同センターから、陸上遭難の場合は米空軍の、海難の場合は米沿岸警備隊の救助調整センターに連絡される仕組みとなっている。307名のうち、205名は海難救助で、23名が航空事故、79名が陸域での救助であった。
      • 原文 Jan 19, 2017 NOAA(武智)
  • 資料閲覧 その他