2017/10/25 LROニュース(7)

NEWS


※LROニュースの内容については、有料メールニュースなど営利目的での転載はご遠慮頂くとともに、2次使用の際はLROニュースからの転載である旨を明示していただきますよう、お願いいたします。

トップページ > LROニュース > 2017/10/25 LROニュース(7)
  • 2017.10.25 UP
    2017/10/25 LROニュース(7)
    • 1】国際海事局が第3四半期の海賊報告書を発表
      • 1】10月17日、国際商工会議所(ICC)の国際海事局(IMB)が本年第3四半期の海賊報告書を発表したところその概要は以下のとおり。2017年初めから9月末までに海賊・武装強盗事件は合計で121件発生し前年同期比で減少した。具体的には、9か月間で92隻の船舶が海賊によって乗船され、13隻が銃撃を受け、そのほかに11件の未遂事件があり、5隻が乗っ取られた。犯罪の被害状況別でみると、80人の船員が襲撃時に人質となり、うち49人が誘拐された。襲撃時等に負傷した船員が3人、死亡した船員が2人となっている。第3四半期においては、ソマリア沖では新たな事故は発生しなかったが、ナイジェリア沖のギニア湾は依然として危険で、また新たな危険海域としては、ヴェネズエラ沖での攻撃が対前年比急増している。
      • 原文 Oct. 17, 2017, ICC (長谷部)
    • 2】ノヴァテクが鉄道専用車両を投入してヤマルガス田からの輸出能力を強化
      • 2】10月17日、ロシアの独立系LNG生産・販売会社のノヴァテクは、新たにもう一編成LNG輸送用の専用鉄道を投入し、ヤマルLNGガス田からの年間輸送能力をさらに100万トン強化すると発表した。1番目の鉄道は本年末に運用可能となり、2番目が2018年9月までに、3番目が2019年3月末まで、今回追加された4番目が2019年末までに運用が可能となる予定。4編成全体の年間輸送能力は1750万トンに達する見込み。
      • 原文 Oct. 17, 2017, Reuters (長谷部)
    • 3】英国第2の港湾管理企業が7港湾を一括中央管理する新システムを導入
      • 3】英国で2番目に大きい港湾管理会社であるPeel港湾グループは、270万ポンドを投資して、同社が管理するクライドポート、ダブリン、グレートヤーマス、ヘイシャム、リバプール、ロンドンメドウェイ、マンチェスターシップ運河の7港湾を結ぶネットワークの合理化に、航空交通管制の技術を港湾の海運事業で初めて導入する。完全に統合された交通管理システム、高信頼度最新式半導体レーダー、統合されたデジタルVHFラジオシステム等の新たな技術が導入され、数か月の移行期間を得て、7港湾の管理は同グループの本社が所在するリバプールに新たに建設される中央指令所で一括管理される。この中央管理システムは、航空業界や海事・沿岸警備庁(MCA)の運用指令所で取り入れているものと同様の信頼性の高いものである。
      • 原文 Oct. 18, 2017, UK Ports Directory (Dafnis)
    • 4】アジア船主協会が海賊対策ガイドラインの改正の必要性を強調
      • 4】10月17日、アジア船主協会は第33回臨時安全航行・環境委員会をシンガポールで開催し、紅海・アデン湾海域、特にイエメン沖の地政学的な状況が非常に緊迫化・複雑化し、(経済的な目的ではない)テロ攻撃のリスクも高まってきていることから、2010年代初頭に当時活性化していたソマリアの海賊対策として策定されたBest Management Practice(BMP) 4の見直し・改正を求める声明を発表した。
      • 原文 Oct. 18, 2017, Seatrade Maritime News (長谷部)
    • 5】リスカ(リベリア船籍登録)がサイバーセキュリティに関するオンライン訓練を開始
      • 5】リベリア籍船の登録業務を受託している米のリスカ社は、コンピューターウィルス、アイデンティティの乗っ取り等のサイバー攻撃に対するあらゆるサイバーセキュリティ対策をカバーし、さらに一般的な刑法犯罪や港における麻薬の密輸などに対する対策やISPS コード(船舶と港湾施設の保安のため国際コード)の解説等を含むSTCW条約上の海上保安認識訓練の要件に合致する新たなオンライン訓練プログラムを開発し公表した。IMOは2021年までに、船主と船舶の管理者にサイバーリスクに関する管理方法を船舶保安計画に取り込むよう決議しているが、現状ではわずかに1/8程度の船員しかサイバーセキュリティ訓練を受けていないため、船員と陸上要員の双方が、海上保安訓練の更新の際に、サイバーセキュリティに関する訓練を受ける緊急性がある。
      • 原文 Oct. 18, 2017, Liscar (長谷部)
    • 6】EU海軍がモガディシオに医療物資を輸送
      • 6】ソマリアの首都モガディシオでの爆弾テロを受け、EU海軍は国連の要請により、現地の被害者の救援活動を行う国連医療チームに対し医療物資の輸送を行った。物資はスペイン海軍艦RAYO搭載ヘリコプターによりモガディシオに搬送され、速やかに国連医療チームに引き渡され、緊急支援に役立てられた。
      • 原文 Oct. 19, 2017, EU Navfor (武智)
    • 7】9月の地中海不法移民の状況
      • 【7】9月の主要4ルートにおける欧州向け不法移民は13,900人であり、今年に入ってからの合計は、昨年同期比64%減の156,000人であった。地中海中部においては、9月にイタリアに達した移民は5,600人で、昨年9月と比較し3分の2以上減少したが、トルコ、チュニジア、アルジェリアからの移民が増加したことから、前月より増加している。地中海中部での今年に入ってから9月の第3四半期までの合計は、前年比21%減の104,800人で、これは2014年以降最も少ない数字である。この地域で発見された移民の主な出発地はチュニジア、アルジェリアの北アフリカ地域であり、ナイジェリア、コートジボワール、ギニアといったサブサハラ地域がこれに続いている。
      • 原文 Oct. 18, 2017, Frontex (武智)
  • 資料閲覧 その他