2017/1/30LROニュース(5)

NEWS


※LROニュースの内容については、有料メールニュースなど営利目的での転載はご遠慮頂くとともに、2次使用の際はLROニュースからの転載である旨を明示していただきますよう、お願いいたします。

トップページ > LROニュース > 2017/1/30LROニュース(5)
  • 2017.01.30 UP
    2017/1/30LROニュース(5)
    • 1】PPPによる米国領北極圏のインフラ整備のためのガイドライン
      • 1】米議会海上輸送制度委員会(CommitteeontheMarineTransportSystem;CMTS)は米国運輸省内の部門横断的な運輸長官が主宰する2010年に設立された委員会で、北極海における安全で確かな海運活動を担保するための国内交通政策を立案するための法令に基づき設立された調整機関である。2014年1月には、北極圏に関する国家戦略(NSAR)実施計画(IP)に基づき、運輸省は「増加する海事関係活動のための準備」という政策的な柱の下、3つの政策を実施することとされ、同年5月にこの任務は、CMTSに委譲された。今回の報告書は、CMTSが発表するNSAR実施のための3番目の報告書で、連邦の北極海における海事活動、国家安全保障、海上航行の安全の確保等のために必要とされるインフラを開発・改善・維持管理するために公民連携(P3s)を活用するためのガイドラインである。ガイドラインの概要は以下のリンクを参照。
      • 原文 Jan, 2017,CMTS(長谷部)
    • 2】中国招商局集団がジプチの自由貿易地域に投資
      • 2】中国招商局集団(ChinaMerchantsGroup:CMG)の子会社のコンテナターミナルオペレーターである招商局港口(ChinaMerchantsPort:CMP)は東アフリカ諸国と中国との間の海上貨物の中継基地としてジプチ港に長年にわたり投資をしてきたが、CMGはさらに同港自由貿易地域に投資を拡大するための共同事業体を設立した。新たな共同事業体はCMPホールディングス、招商局集団投資開発(ChinaMerchantsInvestmentDevelopmentCo:CMID)等によって設立され、同自由貿易地域に投資する会社の投資の受け皿となる。CMGはこの共同事業体に3000万米ドルを投資する予定。
      • 原文 Jan 17, 2017,Seatrade Maritime News(長谷部)
    • 3】300人の米海兵隊がノルウェーに1年間駐留
      • 3】1月16日、300人の米海兵隊が第二次世界大戦後初めて、ノルウェーに駐留するために、同国三番目の都市であるトロンハイムの空港に到着した。米軍は同時にポーランドにも数千の兵力を新たに増強した。米海兵隊はノルウェーに半年ずつ、交代で1年間駐留し、冬季の軍事訓練を行う予定。米海兵隊は1か月間基礎的な訓練を行った後、ノルウェー軍と英軍と共同の演習を行う予定。ノルウェー国防省の広報担当は、今回の米軍の駐留はロシアとは何も関係ないとコメントしており、オスロのロシア大使館もコメントを控えている。
      • 原文 Jan 16, 2017,Reuters(長谷部)
    • 4】外部からの海洋生物の侵入防止のためには船底の付着生物対策も必要
      • 4】昨年12月にIMO海洋環境部の担当者は世界海洋協議会が主催した持続的な海洋サミットで、外部からの海洋生物の侵入はバラスト水からよりも船底に付着している海洋生物の方が影響が大きい可能性があると発表した。実際に、豪やNZの海洋における調査では、外部から侵入した海洋生物の7-8割が船底に付着していたものであり、バラスト水棋院のものは2割以下に過ぎなかった。環境に悪いとしてTBT塗料の使用が禁じられてから、船体塗料の殺菌能力は落ちている。船底付着生物の侵入を防ぐためには、毒性のない硬質の船舶塗料を使用したうえで、出発港において定期的に海中で洗浄を行うのが最善で、この結果、年委を改善し、地球温暖化ガスの排出も抑制することが可能となる。
      • 原文 Jan 17, 2017,Ship & Bunker(Hannah)
    • 5】ジプチコード改正:全ての海上違法行為が取締の対象に
      • 5】1月10日から12日の間、サウジアラビアのジッダにおいて、2009年にIMOにて採択された西インド洋及びアデン湾における海賊及び船舶武装強盗対策行動指針(ジプチコード)加盟国ハイレベル会合が行われ、同コードの適用対象となる犯罪を海賊行為以外の、人身売買のための人間の不法移送や不法漁業も含む全ての海上における不法行為まで拡大する「ジプチコードの2017年ジッダ改正」が採択された。加盟国は、海事分野における武器・麻薬の不法輸送などの国際組織犯罪、海上テロ、違法・無規制・無報告(IUU)漁業等の違法行為の取締りに関して、この改正に従い、情報の共有、違法行為を行っていることが疑われる船舶・航空機の拿捕、犯人の逮捕・訴追などの分野で最大限の協力をすることが求められている。
      • 原文 Jan 13, 2017,IMO(武智)
  • 資料閲覧 その他