2018/6/27 LROニュース(3)

NEWS


※LROニュースの内容については、有料メールニュースなど営利目的での転載はご遠慮頂くとともに、2次使用の際はLROニュースからの転載である旨を明示していただきますよう、お願いいたします。

トップページ > LROニュース > 2018/6/27 LROニュース(3)
  • 2018.06.28 UP
    2018/6/27 LROニュース(3)
    • 【1】 中国空母艦隊が初めての演習を台湾近海で実施
      • 4月20日から21日にかけて、空母「遼寧」や複数のミサイル駆逐艦、ミサイルフリゲート艦からなる中国海軍の空母艦隊が初めて、バシー海峡東方の西太平洋で演習を行った。この演習について艦隊の指揮官は、艦隊の攻撃/防御システムの試験及び複合的状況下における各指揮官の意思決定能力の錬成であると説明している。この演習に先立って、4月18日に中国海軍は台湾海峡で実弾演習を実施しているが、この実弾演習について中国国営メディアは、先に台湾が行った演習による中国への威嚇に対応したものとしている。今回の演習について専門家は、台湾と中国本土は180㎞しか離れておらず、台湾は中国本土の軍事基地の射程距離内に収まっている状況において、攻撃能力を持たない未熟な空母を台湾海峡に派遣することは、軍事的に意義はないと評価している。
      • 原文 Apr. 23, 2018, The Maritime Executive(武智敬司)
    • 【2】 欧州委員会が舶用品に添付する電子タグの新基準を公表
      • 【2】4月23日、欧州委員会は舶用工業品の安全水準を高めるために、舶用工業品に張り付ける電子タグの新たな基準を発表した。真正品に電子タグを添付することにより、模造品が出回ることを防止するとともに、顧客に対しても在庫管理を容易にするなどのメリットを与えることができる。新基準はRFID技術(ID情報を埋め込んだ電子タグから、電磁界や電波を用いて近距離の無線通信によって情報をやり取りする技術)やデータマトリックス技術を活用している。標準化された電子タグが普及すれば、検査当局は不正に製造された舶用品や基準に適合していない製品を簡単に発見することができる。電子タグの効用を最大化するために欧州海上保安庁(EMSA)はEU加盟国の当局向けに電子タグを簡単に活用するためのアプリを開発し配布する予定。
      • 原文 Apr. 23, 2018, 欧州委員会(長谷部正道)
    • 【3】 フーシが船舶拘束か? 事実関係確認されず
      • 在米国サウジアラビア大使館は4月23日、イエメンの武装組織フーシがフダイダ沖で19隻の船舶を「人質」に取っているとウェブサイト上で主張しているが、事実確認はされていない。同大使館によれば、人質となった船舶には合計20万トンの石油副製品が積まれ、フーシがこれらの船舶を意図的に破壊することで紅海が汚染される懸念が高まっているとしている。しかしながらEU海軍(EUNAVFOR)や海運業界筋は、そのような情報はないと述べているほか、在英国サウジアラビア大使館も、在米国サウジアラビア大使館からそのような報告は承知していないとしている。
      • 原文 Apr. 24, 2018, The Maritime Executive(武智敬司)
  • 資料閲覧 その他