2018/4/23 LROニュース(5)

NEWS


※LROニュースの内容については、有料メールニュースなど営利目的での転載はご遠慮頂くとともに、2次使用の際はLROニュースからの転載である旨を明示していただきますよう、お願いいたします。

トップページ > LROニュース > 2018/4/23 LROニュース(5)
  • 2018.04.24 UP
    2018/4/23 LROニュース(5)
    • 【1】 英EU離脱が海事仲裁の中心地としてのロンドンに与える影響
      • (論説)ロンドン海事仲裁人協会(London Maritime Arbitrators Association: LMAA)は年間1700件の海事仲裁を行っており、他の仲裁機関と併せて年間約1750件の海事仲裁がロンドンで行われている。その他の都市の年間仲裁取扱い実績は、シンガポールが120件、香港が36件、ドバイとパリが併せて20件以下、ニューヨーク、中国、北欧でも数件仲裁が行われているが、2位のシンガポールでも取り扱い実績はロンドンの1割にも満たない。ロンドン以外の都市も地域的な案件を中心に着実に実績を伸ばしていくであろうが、英国のEU離脱後も、仲裁管轄権に関するロンドン仲裁条項は依然として有効であり、世界の海事仲裁の中心地としてのロンドンの圧倒的な地位は変わらない。
      • 原文 Mar. 19, 2018 ReCAAP ISC (武智敬司)
    • 【2】 カナダ北極海の海上交通量が過去26年間に3倍に増加
      • カナダの北極海における正確な海上交通量を把握することは、船舶の安全な通航路や必要とされるインフラを整備し、海洋保護区を計画・管理するために欠かせないが、これまで整合性の取れた信頼できる情報がなかった。このたび、オタワ大学の研究者が最近開発された地理空間的なデーターベースを活用して、1990年から2015年の間の同海域における船種ごとの海上交通量を概算したところその概要は以下のとおり。①当該期間中に同海域の海上交通量は(船舶数ではなく航行キロ数換算で)約3倍に増加した。②航行している船舶で最も多いのは一般貨物船と研究船を含む官庁砕氷船であった。③最近増加が著しいのは、民間のヨットであった。④船舶の交通量が多い海域としては、天然資源開発地域と北極海北西航路の南の部分であり、具体的には、Baker Lake, Chesterfield Inlet, Pond Inlet周辺の海域の交通量が今後も増加すると予想される。
      • 原文 2018, Arctic Journal (長谷部正道)
    • 【3】 EC、欧州移民行動計画の進捗レポートを発表
      • 欧州委員会(EC)が発表したレポートによれば、2017年に欧州に流入した移民は、欧州移民危機が表面化した2014年よりも28%少なく、状況は比較的落ち着いている。主要な海上ルートである地中海中部ルートにおいては、2017年中旬以降リビアを発つ移民数が急減しており、2017年にこのルートを経てイタリアに達した移民は前年から34%減少している。また地中海中部ルートでの海難による移民の犠牲者数も減少傾向が続いており、リビア沿岸警備隊は2017年にリビア領海で20,300人以上の海上移民を救助しているものの、密航組織が移民を危険な状態で送り出す状況は続いており、予断を許さない。EUはイタリアに対し、3500万ユーロの緊急追加財政支援や移民の上陸地における当局の能力強化支援に3992万ユーロなど、総額1.89億ユーロの支援を2017年に行った。欧州国境沿岸警備隊は、地中海中部での移民対策であるTriton作戦に代わり、移民の行動パターンの変化や国境を越えた犯罪対策を強化したThemis作戦を2018年2月から開始している。リビア沿岸警備隊への支援について、これまで201名のリビア沿岸警備隊員の訓練が行われ、2018年も継続されるとともに、関係国間の情報交換ネットワーク構築も最終段階に達しており2018年後半には稼働する見込みである。
      • 原文 Mar. 14, 2018 欧州委員会 (武智敬司)
    • 【4】 ReCAAP週間レポート(3月13日-19日)
      • 3月13日から19日の間にReCAAP情報共有センターに報告のあった海賊・武装強盗事件は、アジア域外の武装強盗事件1件である。3月1日午前9時頃、ガーナのTakoradi港沖約32マイルを航行中のコンテナ船に、9人の賊が分乗した2隻の小舟が接近したが、コンテナ船は複数回針路を変更したところ小舟は逃走した。コンテナ船に被害はない。
      • 原文 Mar. 19, 2018 ReCAAP ISC (武智敬司)
    • 【5】 中国が最初の北極海探検クルーズ船の建造を開始
      • 3月17日付新華社電によれば、中国は北極海シルクロード政策の一環として、船長104.4mで電気推進の中国最初の北極海探検クルーズ船の建造を開始した。同船は2019年8月にも完成する予定。
      • 原文 Mar. 17, 2018, Reuters(長谷部正道)
  • 資料閲覧 その他