2017/8/25 LROニュース(5)

NEWS


※LROニュースの内容については、有料メールニュースなど営利目的での転載はご遠慮頂くとともに、2次使用の際はLROニュースからの転載である旨を明示していただきますよう、お願いいたします。

トップページ > LROニュース > 2017/8/25 LROニュース(5)
  • 2017.08.25 UP
    2017/8/25 LROニュース(5)
    • 1】UKMTOがバブ・エル・マンデフ海峡の保安ガイダンスを更新
      • 1】英国海事貿易オペレーション(UKMTO)は、8月1日、バブ・エル・マンデフ海峡とその周辺海域を航行する船舶に対する海上保安ガイダンスを更新した。ガイダンスでは、最近同海峡で発生した小火器とロケットランチャーで武装した複数の小型ボートによる2件の攻撃事件について注意喚起を行っている。攻撃の手口としては、1隻以上の小型ボートが高速で攻撃対象となる船舶に接近し、ボートに爆薬を積んだ1隻以上の船が小火器やロケットランチャーを発砲し、対象船舶の船体を破壊するために爆薬を爆発させたが、2回の攻撃事件とも攻撃された船舶と離れた場所で爆薬が爆発したため意図された損傷を与えることができなかった。攻撃の手法が幼稚なので、昼間の方が攻撃を受ける確率が高いが、夜間の攻撃もないとは言えない。
      • 原文 August 17, 2017, Insurance Maritime News (長谷部)
    • 2】韓国公正取引委員会が9船社を自動車運搬船の談合・カルテルで摘発
      • 2】8月21日、韓国公正取引委員会は9船社に対し、自動車運搬船入札に関する談合と価格カルテルの罪で、総額430億ウォンの罰金を科したと発表した。罰金の支払いを命じられたのは日本郵船・商船三井・川崎汽船・日産自動車運送(NMCC)・Eastern Car Liner・Wallenius Wihelmsen Logistics・Zim Integrated Shipping Services・Compania Sudamericana・Eukor Car Carriers・現代自動車の9社。これらの船社は就航する航路を棲み分け、競争を回避したと認定されている。罰金の額は多い順に、商船三井169億ウォン・川崎汽船128億ウォン・日本郵船49憶ウォンとなった。世界の自動車運搬船の市場規模は2011年の実績で10.5兆ウォンで邦船3社が80%のシェアを握っている。
      • 原文 August 21, 2017, 聯合(長谷部)
    • 3】リャドMoUは閉鎖区域の立ち入りに関する船員の習熟についてCICを実施
      • 【3】本年のPSCに関するパリ・東京・黒海・インド洋の各MoUの集中検査キャンペーン(CIC)のテーマは, 電子海図情報表示システム(ECDIS)に重点を置いた「航行の安全」の確保をテーマに行われる一方で、リャドMoUは今年のCICのテーマとして「閉鎖区域の立ち入りに関する船員の習熟」についてSOLAS・STCW・海事労働条約(MLC)等のILO諸条約の順守状況を検査する。閉鎖区域への立ち入りは長年重大な船員事故原因となっており、SOLAS Reg.III/19に基づき、2015年1月から、閉鎖地域への立ち入りと救出について訓練を行うことが義務付けられている。
      • 原文 August 18, 2017, Safety4Sea (長谷部)
    • 4】マーシャル諸島海事庁が米国港湾入港にあたっての注意事項を告知
      • 4】米国沿岸警備隊(USCG)はQUALSHIP21プログラムに基づき、米国に入港する船舶に対するPSCを強化しており、2016年にUSCGによって発出された出港禁止命令は9件と2015年の13件に比べれば減少したものの、2014年以前の件数に比較するとかなり多い件数といえる。多くの場合、不活性ガス発生装置・緊急消火ポンプ・救命艇のエンジンなど普段使用しない装備の不具合の未点検・未報告などが原因となっている。このような状況を踏まえてマーシャル諸島海事庁は米国の港湾に入港するにあたって船主や船主が留意すべきことを改めて改訂・告知した。
      • 原文 August, 2017, IRI (長谷部)
    • 5】週間海上保安情報(8月23日)
      • 5】イエメン:8月19日午前11時40分頃、バブ・エル・マンデブ海峡のぺリム島北西で商船が5人乗りのスキフ3隻の追跡を受けたが、商船の武装警備員が武器を示したところスキフは逃走した。また、18日午後2時32分頃には、別の商船が同島の沖3マイルではしごを積んだ数隻のスキフに追跡されたが、武装警備員の警告射撃を受けてスキフが逃走する事案が発生している。インドネシア:8月21日午前1時頃、ニパ島沖2.7マイルを航行中のばら積み船の舵機室にナイフを持った賊が侵入した。ばら積み船が警報を作動させたところ、インドネシア方面に2隻の小舟が逃走するのをばら積み船の船長がレーダー上で確認している。インドネシアのVTSが警報を受信し、軍艦がばら積み船を錨地まで先導した。ばら積み船の乗組員は無事であるが、金品の被害については不明である。インドネシア海域の賊は夜間に錨泊中の船舶を狙うことが多いが、錨泊中・航行中を問わず警戒を続けることが必要である。ナイジェリア:8月19日、ナイジェリア沖14マイルで商船が8隻の黒色スキフに追跡を受けた。このスキフの意図は不明であるが、一般的にナイジェリア沖の海賊は暴力的でしつこい傾向がある。
      • 原文 23 August, 2017  Protection Vessels International  (武智)
  • 資料閲覧 その他