2017/8/10 LROニュース(5)

NEWS


※LROニュースの内容については、有料メールニュースなど営利目的での転載はご遠慮頂くとともに、2次使用の際はLROニュースからの転載である旨を明示していただきますよう、お願いいたします。

トップページ > LROニュース > 2017/8/10 LROニュース(5)
  • 2017.08.10 UP
    2017/8/10 LROニュース(5)
    • 1】IMOが極地における捜索救難の困難性に着目したビデオを作成
      • 1】IMOは極海コードに関するビデオを作成し発表しているが、8月2日、第2弾として、極圏における捜索救難活動に焦点を置いたビデオを作成し公表した。ビデオでは、捜索救難活動の基地となるインフラが現時点では決定的に不足していることに加え、捜索救難地域が広範で、気象海象事件が厳しいことが緊急な捜索救難活動を困難なものにしていることを紹介している。極海においては、ラジオ波や衛星情報を利用して船舶の位置を把握するのが他の海域に比べて困難なことも捜索救助活動を難しくしている。ビデオではIMOのSAR条約や同条約に基づく国際海上捜索救助計画についても説明している。
      • 原文 August 2, 2017, IMO (長谷部)
    • 2】関水前IMO事務局長に対するIMO国際海事賞の授与が内定
      • 2】7月に開催された国際海事機関(IMO)理事会において、日本政府の推薦に基づき、IMO前事務局長関水康司氏のIMOに対する長年の貢献に対し、名誉ある「国際海事賞」を授与することを満場一致で承認された。関水氏は1989年にIMO事務局入りし、海上安全部と海上環境部の両部長を経て、2012年から2016年まで事務局長を務めた。数々の業績の中でも、IMO加盟国政府に対する監査の義務化、極海コードの策定、漁船の安全に関するケープタウン協定の策定などが特記される。
      • 原文 August 2, 2017, The Maritime Executive (長谷部)
    • 3】サウジアラムコ管理の港湾においてバラスト水サンプル調査を義務付け
      • 3】8月16日から、サウジアラムコが管理する港湾・ターミナルに、湾岸海洋環境保護機構(ROPME)加盟諸国(バーレーン・イラン・イラク・クウェート・オマーン・カタール・サウジ・UAE)と紅海・アデン湾環境計画(PERSGA)加盟諸国(ジプチ・エジプト・ヨルダン・サウジ・ソマリア・スーダン・イエメン)諸国以外の外国から到着する船舶はサウジアラムコの定めるバラスト水サンプリング様式に従って報告書を作成し、バラスト水のサンプリング検査結果をサウジアラムコ環境保護局(EPD)に提出しなくてはならない。サンプリング調査は船舶がサウジアラムコ管理の港湾またはターミナルに到着時に船上で行われ、またはBW G2ガイドラインに従ってバラスト水を排出するときに行わなければならない。
      • 原文 August 2, 2017, World Maritime News (Hannah)
    • 4】中国が最初の無人貨物船建造に成功するか?
      • 4】(論説)中国船級協会(CCS)とHNA技術物流集団は6月末に無人貨物船開発アライアンスを結成し、中国側企業の他にロールスロイス社、バルチラ社が参加していたが、7月末に米国船級協会(ABS)が参加を決めた。アライアンスは無人化船の建造と運航技術のパイオニアとなることを目指し、2021年に最初の無人貨物船を建造することを目標としている。ABSは遠隔制御の無人化船という概念を超えて、独自の判断能力を持ち環境面にも配慮した自動運航船の建造を目指すと表明している。無人化船の構想では北欧勢が先行しており、中国のアライアンスが先陣を切れないかもしれないが、最初の無人化船を建造する可能性は十分ある。
      • 原文 August 2, 2017, Marine Electronics & Communication (長谷部)
    • 5】ムンバイの裁判所が15人のソマリア海賊に7年の禁固刑を判示
      • 5】ムンバイ裁判所は殺人と誘拐未遂で15人のソマリア人の海賊を7年の禁固刑に処した。海賊はアラビア海のインドの海域で、2011年1月に2機のロケットランチャーとAK47銃とともに逮捕された。海賊は既に6年間収監されているので、今回同時に言い渡された罰金を支払えば、1年以内に釈放されソマリアに強制送還されることとなる。インド政府とソマリア政府との間のMOUに従えば、これらの海賊は直ちに強制送還された後に、ソマリア国内で残りの刑期を務めることも可能となっている。2011年に複数の海賊事件に関連し、約200人の海賊が逮捕され、インド国内に拘束されている。
      • 原文 August 3, 2017, The Indian Express (長谷部)
  • 資料閲覧 その他