2017/4/19 LROニュース(6)

NEWS


※LROニュースの内容については、有料メールニュースなど営利目的での転載はご遠慮頂くとともに、2次使用の際はLROニュースからの転載である旨を明示していただきますよう、お願いいたします。

トップページ > LROニュース > 2017/4/19 LROニュース(6)
  • 2017.04.19 UP
    2017/4/19 LROニュース(6)
    • 1】加のファーストネーション政府が加政府の油濁事故対応を非難
      • 1】2016年10月に加のブリティシュコロンビア(BC)州のグレートベアーレインフォレスト(GBR)の中心地であるベラ・ベラ沿岸で座礁・沈没したタグボートから11万リットルのディーゼル油が流出し油濁環境被害が発生した事件に対するカナダ政府と船主の対応を非難する声明をファーストネーション(カナダに住んでいる先住民のうちイヌイットもしくはメティ以外の民族に対し社会的に適正とされる呼称)のHeiltsuk政府が発表した。同政府によれば、事故発生後、同政府がカナダ運輸安全委員会(TSB)、沿岸警備隊、船主に対し、情報の提供を何度も求めたにもかかわらず、情報の提供を拒否され、油汚染除去作業も、不適切で対応も遅く、不十分かつ非効率な油濁除去機器を用い、安全装置の欠如、指揮命令系統の混乱があったと非難している。
      • 原文 Apr. 6, 2017, CBC (Hannah)
    • 2】ポラリス海運が全運航船に対し緊急検査を実施
      • 2】韓国のポラリス海運が運航する大型原油タンカー(VLCC)1993年に改造した大型鉱石船(VLOC)が3月31日南大西洋で沈没し、乗員24名中22名の発見が絶望視されているが、事件後、同社が運航する18隻のVLOCを対象とする緊急検査の結果、1993年建造のVLOCのタンクの外郭に15cmの亀裂が発見され、南ア海上安全庁と韓国船級協会と協議のうえ、所要の修理を終了次第、予定とおり27万トンの鉄鉱石を中国まで輸送する予定。残りの全VLOCについても次の寄港地に入港し、第三者機関により臨時検査を行われる予定。ポラリス海運は韓国最大のVLOCの運航船社。
      • 原文 Apr. 13, 2017, Polaris Shipping (長谷部)
    • 3】ミクロネシア連邦政府の名前を語った偽船舶登録、偽船員証書が横行
      • 3】ミクロネシア政府が国連に報告したところによれば、同政府は船舶の船籍登録や船員の資格証明に関する法律がなく、IMOの加盟国ですらないのに、ミクロネシア国際船舶登録庁の名前をかたり、IMOに偽りの証明書を提示して、ミクロネシア籍船としてIMOに登録するための暗証コードを取得した犯人がいる。この結果、現段階で約300隻の船舶が架空のミクロネシア籍船として登録されており、同じ犯人は1000通以上の違法なSTCW条約に基づく船員証明書も発行している。
      • 原文 Apr. 12, 2017, Splash 24/7 (長谷部)
    • 4】米沿岸警備隊が五大湖西域における砕氷作業を終了
      • 4】4月11日、米国沿岸警備隊(USCG)は、五大湖西域における船舶運航支援のための砕氷作業(Operation Taconite)を終了した。暖冬の影響で、湖が凍結した面積は平年に比べて少なく、五大湖における海運活動に大きな影響はなかった。この作業には、6隻のUSCGの船艇が113日間、延べ約2200時間砕氷作業にあたり、米・加の海運企業が約1400万トン(4億8800万米ドル)の貨物海上運送を行う支援にあたった。これらの貨物は五大湖周辺の企業にとって必要な生産活動と発電に使用された。
      • 原文 Apr. 11, 2017, USCG (長谷部)
    • 5】インド海運局がアデン湾の運航を禁止する海上保安勧告を発出
      • 5】4月6日、インド海運局(DGS)は、アデン湾を航行する同国船舶に対し海上保安勧告を発出したところ概要以下のとおり。①全てのインドの船主は、先日アデン湾のソコトラ島沖で海賊に乗っ取られたインド船に関する韓国海軍、UKMTO、IMBの情報を吟味し②アデン湾を通航するインド船については長距離情報追跡システム(LRIT)で動向を捕捉できないことから、全ての船社団体に対して、アデン湾を通航しないことを強く勧告する。③最近の海賊は身代金目的のものであることを踏まえ④インド籍の商船・漁船の全ての船主、船社、船長に対し、この海域に入域せず、200カイリ以上陸上から離れた海域を航行することを勧告し、この指示に背いてアデン湾を航行する船舶は自己責任において運航すべきことを警告する。
      • 原文 Apr. 6, 2017, DGS (長谷部)
    • 6】比沿岸警備隊、スールー海で海賊を阻止
      • 6】4月18日午前6時30分頃、フィリピンの北ザンボワンガ州沖のスールー海で、イロイロ市からザンボワンガ市向け航行中の貨物船を、2隻のモーターボートに乗った海賊が襲撃したが、貨物船の救難信号を受信した沿岸警備隊と海軍が臨場、海賊は逃走した。この襲撃で死傷者は発生していない。ザンボワンガ沿岸警備隊司令官によれば、この貨物船は沿岸警備隊と海軍に護衛され、航海を続けている。ザンボワンガ沖やスールー海、セレベス海では、アブ・サヤフによる船舶乗っ取り事件の頻発を受け、警戒が強化されている。
      • 原文 Apr. 18, 2017 Sun Star (武智)
  • 資料閲覧 その他